MDKゆいこのゴリ押し日記

MDKゆいこがめちゃめちゃゴリ押すブログ

【大会情報】Pokemon World Cup、Battle Road Gloria

こんにちは、MDKです

 

世界大会が終了しはや3週間ほどが経ちました

プレイヤーにとって一年に一度の集大成が終わり、秋に控える新作を待つばかりかと思われますがポケモンの競技シーンはまだ熱を帯び続けています

 

というのも、2つの大きな大会の進行真っ只中であるからです!

今回はその2つの大会の見どころをご紹介していきましょう

 

 

 

Pokemon World Cup

f:id:mdk-yuiko:20160909163343j:plain

ワールドカップという言葉を耳にしたことはあるでしょうか

サッカーやその他スポーツで開催されている世界最強の国を決める祭典です

 

まさしく読んで字のごとく、この大会はポケモン世界最強の国を決める大会です!

海外の有志団体、Nugget Bridgeが主催、進行を執り行っています

 

先日行われたPoekmonWCS2016が個人戦ならば、このPokemonWorldCupはまさに団体戦

各国12人の選ばれた選手達が国を背負い、試合ごとに8人のメンバーを選出し勝ち星を競います

そんな一大規模のイベントの見所をご紹介していきましょう

 

 

みどころ① トップクラスのプレイヤー達

 

まさにこの大会の見どころといえば世界トップクラスのプレイヤー達が集っている事に尽きると言っても過言ではありません

今年度世界大会チャンピオンのWolfe選手(アメリカ)をはじめ、その彼と構築をシェアし完全ミラーマッチの準決勝を演出したYoshi選手(ドイツ)

今年のNationalチャンピオン、過去大会でも結果を残しているArash選手(イタリア)

等各国を代表するスター選手達がまさに揃い踏みです

 

世界大会では惜しくも実現しなかった夢のマッチアップ達を観れるチャンスです

あの夏、モニターで見届けた感動がもう一度あなたの元に訪れることは間違いありません

 

 

みどころ② 懐かしの過去ルール達

 

もう1つの見所はやはり採用されているフォーマットにあると言えるでしょう

2016年度の大会だからやっぱりGSルールじゃないの?と思われる方、それは違います

今回の大会では、2013,2014,2015年度の公式大会のルールも採用されているのです

 

13,14はそれぞれ1名ずつ、15が2名、そして今年16が4名の内訳でマッチアップが行われます

噴火ヒードランや高速移動サンダーなどそれぞれの年を代表するかのようなモンスター達の活躍をまた見ることが出来るかもしれません

はたまた遥か時を経て今まさに新たな戦略が打ち出されているかもしれません

止まっていた環境はどう動き出しているのか 

自分の思い入れのあるルールに熱中して観戦するのもまた一興でしょう

 

 

みどころ③ 日本選手達の活躍

 

ズバリ何と言っても活躍する日本人選手達の勇姿に期待です

今年のWCSは日本人がTop8はおろかTopCut(Day2 5-2ライン、約25名)にすら一人も残れなかった暗黒の時代でした

決勝戦はアメリカ人同士で行われたのは言うまでもありませんが、予選ラウンドが終われば配信されるプレイヤーに日本人が映ることは無かったのです

去年、栄光を欲しいがままにしていた日本勢はその奪還に尽力している事と思います

 

初戦のイタリア戦は惜しくも落としてしまいましたが、現在進行中の予選2回戦

対東アジア戦は2勝1敗とリードしています

今週末の土日に残り試合が全て行われ勝敗が決するので、勝ち星を挙げ勢いに乗ってほしいところです!

 

 

 

じゃあどうやって見るの?

 

なんかすごい大会をやっている事は分かったけどどうやって見るのか分からないというそこのあなた、何も心配はいりません

ワールドカップの日本代表チームの速報は、常にツイッターで確認する事ができます

twitter.com

これをチェックしていれば、対戦開始予定時間ほどになると配信や対戦ルームへのリンクを提示してもらえます 

 

そして対戦の注目カードを見落としてしまったそこのあなたも、慌てふためく事はありません

日本チームの代表として各国とのコンタクトも務めて下さっているジュニオさんのブログにて、過去の対戦リプレイを視聴する事ができます

juniompk.blog.fc2.com

 

イタリアのArash選手と日本のゆうだち選手によるカテゴリーの枠を超えたハイレベルな戦いも記録されています

名バトルの数々をその目で見届けましょう

 

 

 

 

バトルロードグロリア

f:id:mdk-yuiko:20160909191731p:plain

 

 

もう1つは日本の勇姿団体により企画、開催されているバトルロードグロリアです

9/10(土)の関東大会を皮切りに、全国各地でオフライン予選大会、そして8回に渡ってオンラインでの予選大会が行われます

 

そして各地の予選を勝ちぬいたプレイヤー達が東京に集い、日本一が決まります

非公式において最大規模の全国大会となる事でしょう

 

また各地の予選で惜しくも敗れてしまったプレイヤーも、他オンライン大会等で得たポイントの累計によってまだ本戦出場のチャンスが残されています

前日にはラストチャレンジ大会も行われており、2009年や2010年度における会場での公式大会を彷彿とさせる内容になっています

 

 

みどころ① まだ終わらないGS環境

 

世界大会も終わった事だし第6世代はこれで一息…とはいきません

先のWorld Cupやこのバトルロードグロリアが控えているため、プレイヤーはその結果も踏まえた上で環境に変化をもたらしています

 

初期から長らくメタゲームのトップに君臨する "グラードンゼルネアス"

同じく初期から高い人気を誇り様々なチューンが見られる "グラードンカイオーガ"

革新的なアイデアが打ち出され再び華を咲かせた "カイオーガレックウザ"

6月から世界大会ごろにかけてさらなる仕上げを見せた "レックウザゼルネアス"

日本国内の大会を制し海外からも高い注目を集めた "グラードンレックウザ"

 

大まかに注目されるのはこの5つのアーキタイプでしょう

世界大会にて苦汁を舐めさせられたグラードンゼルネアスからまた別方向のアプローチが見られるのか

カイオーガレックウザは栄光をキープできるのか

ここには記載しませんでしたが、イベルタルディアルガも面白い構築を仕上げてくるプレイヤーが存在するかもしれません

環境が大きく固定されているからこそ、ワンポイントアクセントをどこに仕込んでくるのかが非常に楽しみな部分であると言えます

 

またそれぞれの地方大会が終わるたびにその結果が提示され、それは環境に変化をもたらすことでしょう

めまぐるしく移り変わるメタゲームを制するのはどのアーキタイプなのか

結果が待ち遠しくて仕方ありません

 

 

みどころ② 全国ダブル

 

こちらの大会もフォーマットはGSルールだけではありません

事前にプレイヤーへのアンケートが行われており、その結果はレーティングバトル準拠の全国ダブルへの需要が高い事を示しました

 

日本一決定戦は今年のフォーマットであるGSルールが用いられるのですが、予選大会ではそれぞれのGS、全国とが交互に行われます

全国ダブルでの大規模な大会は久方ぶりですから、どのような構築が結果を残すのかは大変楽しみです

ド派手な決まり手が少ない分、プレイヤー間でどういう思考が交差しているのかを考えながら視聴するのが面白いですね

 

 

 

どうやって参加するの?

www.brgloria.com

 

こちらのサイトから現在参加エントリーをする事が可能です

オフ会に行ったことがなくて不安というそこのあなたも、一度足を運んでみることを強くオススメします

 

対戦相手が目の前にいるプレイはオフ会ならではの緊張感をもたらしますし、対戦を通じて親交が深まることは間違いありません

知り合いの人がいなくて不安という方も、その場にいるプレイヤーは同じゲームに熱中する仲間としてあなたを快く受け入れてくれる事でしょう

 

そこで長らく付き合うことになる友人に出会う事は、他のプレイヤー達を見渡せば火を見るよりも明らかです

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか

続々とこの秋発売の"ポケットモンスター・サン&ムーン"の情報が流れこみ期待に胸を膨らませずにはいられませんが、このオメガルビーアルファサファイア環境もまだ留まるところを知りません

 

今期最後の"GLORIA"を掴むのは、キミかもしれない…